ウォーターサーバーは料金プランも要チェック

業務用のウォーターサーバーには様々な種類がありますが、導入する場合には、お水の料金プランに注目することがまず必要といえます。お水の代金は業務用ウォーターサーバーの場合には、月間の電気料金よりも重要といえます。宅配料については宅配料が無料の業者が多いですから、まずはなるべく水単価の低いサーバーを選ぶということがポイントといえます。たくさんの種類のあるウォーターサーバーの中でも、料金は最優先項目としてしっかり比較して選ぶようにしましょう。

また、業務用ウォーターサーバーは大人数で使用するものですから、ボトルの水容量が多いものを選ぶこともポイントといえます。たくさんのお水を使うようになると水ボトルの交換の回数は多いという前提になります。水ボトルの容量が少ないと、すぐに間に交換することになって、何回もボトル水の交換に手間がとられてしまって面倒といえます。

業務用ウォーターサーバーははじめからたくさんの量を使うことが分かっていますので、なるべく水の量が多い水ボトルを購入した方がいいといえます。水ボトルは12リットル以上入っているものがおすすめです。一度注文すると定期配送してもらえますので、はじめに必要量を伝えて契約しておくと後はスムーズです。