宅配で便利な業務用ウォーターサーバー

宅配で便利な業務用ウォーターサーバー

業務用の水宅配サービスで使われるボトルのタイプで分けると、業務用ウォーターサーバーはワンウェイボトルとリターナブルボトルの2種類に分けられます。ワンウェイボトルは中のお水を使うとクシャッと潰れていき、お水を使い切った頃には、後は取り外し後に捨てやすいようになっています。一方、リターナブルボトルは何度もリユースなどで繰り返して使えるよう、ボトルが潰れない仕組みになっています。頑丈ですので何度も使えます。リターナブルボトルは使用後、保管しておき、宅配水の配達などに来た業者に回収してもらいます。

ウォーターサーバーにはこのようにボトルに注目すると2タイプに分けられます。それぞれ特徴がありますので、使用を検討する場合は比較検討することがおすすめです。基本的にはウォーターサーバーのために確保してもいいというスペースの有無が判断材料の一つとなるといえます。あまり広いスペースの確保が必要ないウォーターサーバーの方が好まれる場合は、ワンウェイボトルがおすすめです。しかし、ウォーターサーバーのお水を使い切るごとにゴミ出しする必要があります。逆に、比較的広いスペースが確保できる場合はリターナブルボトルはおすすめです。ゴミを出さずに使用ができます。

業務用ウォーターサーバーは企業やオフィス、店舗などで使用するため、家庭用と異なり、使用する人の人数が多いことが前提になっています。業務用ウォーターサーバー導入するのであれば、使う人がみんなで満足に使えることはとても大切で、業務用ウォーターサーバーには様々な種類があり、デザイン性の高いものから機能性が充実しているものなどの多くの種類があります。職場用ウォーターサーバーを選ぶ時は、業務用ウォーターサーバーを選ぶポイントを押さえておくと選びやすいといえます。

業務用ウォーターサーバーを選ぶ場合、水の価格が安いということは大きなポイントです。この点はたいへん重要な点で、お水の価格は長い期間使用する場合に大きな差になります。業務用のウォーターサーバーには様々な種類がありますが、導入する場合には、お水の料金プランに注目することも重要です。まずはなるべく水単価の低いサーバーを選びましょう。また、ボトルの水容量が多いものを選ぶこともポイントといえます。水ボトルの容量が少ないと、すぐに交換となって、何回もボトル水の交換に手間がとられてしまいます。水ボトルは12リットル以上入っているものがおすすめです。

INFORMATION

2017年02月02日
ホームページを更新しました